日々是決戦!明日に向かって売るべし。

~ ライジングコーポレーション、太陽光ぢゃないほうのスタッフブログ ~

ガンバ大阪 vs. サガン鳥栖

先週の土曜日、Jリーグのサガン鳥栖戦を観戦してきました。

我が愛するガンバ大阪は、前節のコンサドーレ札幌戦を2-0と快勝。

コンサドーレがホームで無敗だったことを考えれば、貴重な勝点3でした。

f:id:risingcorp:20170521095522j:plain

スタジアム前の広場に到着。

すでに日差しも初夏の陽気。

f:id:risingcorp:20170521095523j:plain

AFCチャンピオンズリーグでは、残念ながらグループステージで敗戦しました。

ただ、Jリーグでは混戦の首位グループに着けています。

なので、グッズショップにも多くのサポーターが。

f:id:risingcorp:20170521095524j:plain

広場では、さまざまなショップやイベントが開催されています。

子供たちも多く、縁日のにぎわい。

 

Video Clip

ちょうど、入場ゲートへ向かってると・・・

選手を乗せたバスが入ってきました。

f:id:risingcorp:20170521095525j:plain

今日もココから観戦します。

f:id:risingcorp:20170521095526j:plain

キックオフは、19時すぎ。

ナイトゲームなので、選手も私たちサポータもちょうどいい。

f:id:risingcorp:20170521095527j:plain

5月21日から韓国で開催される2017FIFA U-20ワールドカップ。

ガンバから堂安律市丸瑞希初瀬亮髙木彰人の4名が選出されました。

なので、大会が終わるまで彼らは帯同しません。

偉大な先輩たちに続いて、彼らも世界を経験し、また世界へ羽ばたいてほしいものです。

f:id:risingcorp:20170521095528j:plain

その代わりといっては失礼ですが、呉屋大翔がケガから復帰しました。

彼も川西市出身。

兵庫県ですが、まあスタジアムから近いホーム・グロウン・プレーヤー。

f:id:risingcorp:20170521095529j:plain

今日の相手、サガンのサポーター席。

サガンは、得点源の豊田陽平や、谷口博之など4選手が負傷離脱。

明らかに戦力ダウンではありますが、ガンバは相性が悪い。

f:id:risingcorp:20170521095530j:plain

今日のノースフェイス(ガンバ・サポータースタンド席)。

f:id:risingcorp:20170521095531j:plain

いよいよキックオフ。

昨日、鹿島アントラーズが川崎フロンターレに負けました。

午後に行われた浦和レッズのゲームも引き分け。

なので、このゲームに勝てば、ガンバは単独首位。

f:id:risingcorp:20170521095533j:plain

相性が悪いとはいえ、今のサガンに取りこぼしはできません。

もちろん、選手は目の前の試合に集中してくれることでしょう。

f:id:risingcorp:20170521095532j:plain

今日もキャプテンはヤット(遠藤保仁)。

一時、スタメンを外れていました。

ただ、前節も存在感を発揮していました。

f:id:risingcorp:20170521095534j:plain

先制点が生まれたのは、33分。

倉田秋が高い位置でボールを奪うと、オーバーラップしていたCBの三浦弦太がクロスを供給。

走り込んだ長沢駿がヘディングで合わせて先制点を決めました。

f:id:risingcorp:20170521095535j:plain

さらに37分には右サイドで粘って残したボールをジェソク(オ・ジェソク)がゴール前へ。

ボールはワンバウンドしましたが、倉田がボレーで合わせて、一気にリードを広げました。

スタジアムのボルテージも最高潮に・・・

 

Video Clip

青黒大阪、青黒大阪、魅せろゴール、貫けよ、オオサカスタイル

f:id:risingcorp:20170521095536j:plain

前半終わって、2-0。

良い感じです。

まだシーズンも序盤とはいえ・・・

首位の景色が見えはじめます(笑)。

f:id:risingcorp:20170521095538j:plain

よく、「ガンバはテクニシャンの選手が多いですね」と他クラブのサポーターからいわれます。

確かに、ガンバというとテクニックやアイディアがクローズアップされています。

そうではありません。

ガンバの強さを支えているのは「走力」であるといえます。

1試合の平均の走行距離が、117.069キロ/90分でリーグ2位。

1試合の平均のスプリント回数が、182.7回/90分でリーグ1位。

どちらもリーグ屈指の素晴らしい数字を残しています。

f:id:risingcorp:20170521095539j:plain

もちろん、選手個々の技術も素晴らしいですが、走力が強さの源になっています。

特に今シーズンでいえは、日本代表にも選ばれてる倉田は外せない選手になりました。

彼は、馬力のあるドリブルで縦横無尽に駆け回ってチームに流れを呼び込んでいます。

f:id:risingcorp:20170521095540j:plain

後半アディショナルタイムに井手口陽介のクロスを長沢が再び頭で合わせてダメ押し。

2得点の長沢がクローズアップされていました。

ただ、個人的には、前線から自陣深くまで追い回す献身的な守備で貢献した赤崎秀平が良かったです。

f:id:risingcorp:20170521095537j:plain

ゲームの後半は、相手にボールを持たれる時間が増えましたが、球際の強さを発揮。

バイタルエリアへの進入を許さず、無失点に抑えました。

攻守がかみ合い、隙のない戦いを見せました。

f:id:risingcorp:20170521095541j:plain

まさに快勝!

私が観戦したホームゲームで、勝利はひとつ。

しかも、デーゲームでしたので、今日は今シーズン初めての『 ガンバクラップ 』

 

Video Clip

 

f:id:risingcorp:20170521095542j:plain

これで2連勝。

負けなしを6戦に伸ばして勝ち点を25としました。

もちろん今シーズン初の単独首位。

ガンバが首位に立つのは国内3冠を達成した2014年12月以来。

帰りの道中も、ガンバサポーターから口々に「まだまだ先は長い」と聞こえてきました。

でも、みな顔はどこか嬉しそう・・・。

「首位」。

良い響きですね。

(営業開発課/延時=文) 

 

Jリーグ 第12節 (21,366人)

ガンバ大阪 3-0 サガン鳥栖

・33分 長沢駿(ガンバ大阪)

・37分 倉田秋(ガンバ大阪)

・90+03分 長沢駿(ガンバ大阪)

 

建売用地・戸建・マンション買取のご相談お待ちしています

■ 株式会社ライジングコーポレーション 不動産事業部 ■
〒550-0011 大阪市西区阿波座一丁目6番1号MID西本町ビル9階
TEL:06-4391-3331 FAX:06-6534-5518
MAIL:fudosan@group-rising.co.jp