読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々是決戦!明日に向かって売るべし。

~ ライジングコーポレーション、太陽光ぢゃないほうのスタッフブログ ~

池田鉢塚プロジェクトの現場確認④(基礎着工編)

今日は、池田鉢塚プロジェクト(池田市鉢塚一丁目)の現場確認に行ってきました。

ようやく建築確認申請許可も認可され、基礎工事が始まりました。

 

f:id:risingcorp:20170325191759j:plain

まずは、根伐りから。

根伐りは、「掘り方」と呼ばれることもあります。

基礎を作るために地盤を掘削する作業のこと。

写真は、防湿シートを敷いた上に捨てコン(捨てコンクリート)を打設した後の状態。

通常、捨てコンは、根伐り底の部分にミキサー車が来て打設していきます。

捨てコンの主な目的は墨出しのためです。

遣り方で引いた水糸を基準にコンクリートの表面に壁芯と型枠の位置及び人通口を標します。

これにより型枠と鉄筋の位置決めがわかりやすくなります。

f:id:risingcorp:20170325191756j:plain

墨出しを終えてから、いよいよ配筋工事です。

配筋は基礎の底にあたる底盤(コンクリートスラブともいう)を先に行います。

f:id:risingcorp:20170325191757j:plain

その後、基礎の立ての部分にあたる立上り部分を行います。

f:id:risingcorp:20170325191758j:plain

鉄筋と鉄筋は結束線で結んで固定します。

これをしておかないとコンクリートを打設するときに、鉄筋がずれてしまうことがあるからです。

f:id:risingcorp:20170325191755j:plain

配筋工事の現場を見ると、写真のような塊を目にすることがあります。

これは、「スペーサーブロック」というもので、現場では「サイコロ」とか呼ばれます。

このスペーサーブロックを鉄筋の下に敷きます。

そうすることで、鉄筋の下のコンクリートの厚み(かぶり厚)を確保することができます。

基礎の立上り部のかぶり厚を確保するためにもスペーサーブロックを使用します。

とても小さい部品ですが、とても重要なものです。

f:id:risingcorp:20170325191800j:plain

スラブ配筋完了の写真。

配筋検査を実施し、問題が無ければコンクリート打設です。

f:id:risingcorp:20170325191801j:plain

家を建てるにあたって、住宅瑕疵担保責任に係る3つの現場検査をクリアしなくてはいけません。

その3つの検査は、「基礎配筋検査」、「躯体・防水検査」、「追加防水検査」があります。

f:id:risingcorp:20170325191802j:plain

基礎配筋検査では、

「設計図と一致しているか?」

「鉄筋と鉄筋の間隔が適切であるか?」

「使用されている鉄筋の直径が設計図通りであるか?」

「立ち上がりの鉄筋の感覚が適切であるか?」

という点を検査員がチェックします。

基礎配筋検査では様々な検査項目をクリアしないと次の工程に進むことができません。

f:id:risingcorp:20170325191803j:plain

配筋検査をクリアすることによって、安全な家づくりの基礎ができるということです。

f:id:risingcorp:20170325191804j:plain

基礎工事は、天候に左右されます。

晴れの日が続きますように。

(営業開発課/延時=文) 

 

建売用地・戸建・マンション買取のご相談お待ちしています

■ ライジングコーポレーショングループ ■
ハウスソリューション事業部 営業開発課
〒550-0011 大阪市西区阿波座一丁目6番1号MID西本町ビル9階
TEL:06-4391-3331(直通) FAX:06-6534-5518
MAIL:fudosan@group-rising.co.jp