読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々是決戦!明日に向かって売るべし。

~ ライジングコーポレーション、太陽光ぢゃないほうのスタッフブログ ~

「 お客様への報告、連絡は心くばり 」について

【不動産】 【不動産】-学びの話

ハウスメーカーの社員が当たり前と思っていることでも・・・

お客様にとっては当たり前でないことがあります。

業界内の常識は、世間一般では非常識という場合すらあるかもしれません。

だからこそ、お客様への報告、連絡は、日頃からしっかりとしておかなければいけません。

時に誤解を招いてしまうことがあるからです。

f:id:risingcorp:20170214115444j:plain

例えば、施工工事中、段取りによっては現場に職人が入らない日があります。

ところが、仮住まいも含めて、現場近くにお住まいのお客様の中には・・・

毎日のように工事の進行具合を楽しみに現場へ見に来られる方がいらっしゃいます。

f:id:risingcorp:20170214115445j:plain

そうした時、誰もいなくて作業が進んでいなければ、

「手抜きをしているのではないか?」

「他の現場を優先して後回しにされているのではないか?」

といった誤解や疑念が生じます。

それが一回ではなく、二回、三回と重なると、しだいに不愉快な気分が募ってくることでしょう。

f:id:risingcorp:20170214115446j:plain

「現場に職人が入らない日もある」という業界の常識。

これは、多くのお客様にとって非常識なことであるともいえます。

そうした状況を防ぐために、工事が入らない日もあることを事前にお知らせしておきます。

f:id:risingcorp:20170214115447j:plain

住宅建築では、通常のことであるという説明をしておく必要があります。

さらに、来週には壁を塗るとか、屋根を葺くといった予定を連絡しておきます。

そうすれば、お客様が現場に来る楽しみが増えます。

お客様の立場に立った報告、連絡は心くばりのひとつではないでしょうか。

(営業開発課/延時=文) 

 

建売用地・戸建・マンション買取のご相談お待ちしています

■ ライジングコーポレーショングループ ■
ハウスソリューション事業部 営業開発課
〒550-0011 大阪市西区阿波座一丁目6番1号MID西本町ビル9階
TEL:06-4391-3331(直通) FAX:06-6534-5518
MAIL:fudosan@group-rising.co.jp