日々是決戦!明日に向かって売るべし。

~ ライジングコーポレーション、太陽光ぢゃないほうのスタッフブログ ~

門戸厄神東光寺に厄除け厄払いに行ってきました

昨日、門戸厄神東光寺に行ってきました。

正式名は、「松泰山東光寺」。

あらゆる災厄を打ち払うという「厄神明王(門戸厄神)」が有名なことから通称「門戸厄神東光寺」

あるいは「門戸厄神」となったそうです。

f:id:risingcorp:20170131183500j:plain

最寄駅は、阪急今津線の門戸厄神駅。

昔は、駅から丘の上にある寺が見えました。

今は、マンションが増えてしまったので、全景を見ることはできません。

f:id:risingcorp:20170131183501j:plain

ゆるやかな参道を10分くらい登り、到着した正門。

表門まで上がる階段で、表門まで42段(25段と17段)あるそうです。

この階段は「男厄坂42段」と呼ばれています。

f:id:risingcorp:20170131183502j:plain

男厄坂25段登ると表門。

門戸厄神は、日本三大厄神のひとつ。

ちなみにあと二つは、京都府八幡市の「石清水八幡宮」と和歌山県伊都郡かつらぎ町の「天野明神」

厄年にあたる年齢の人が厄払いをするほか・・・

『 十三詣(じゅうさんまいり)』といい、数えで13歳の子どもが厄除けと学業成就を願って詣でます。

初宮参り、交通安全祈願、護摩祈祷、人形供養なども有名。

f:id:risingcorp:20170131183504j:plain

表門をくぐると目の前に「中楼門」があります。

門戸厄神といえば、こちらの中楼門に吊られた巨大な提灯が有名。

提灯には大村昆の名前が見えます。

この中楼門に登る両側の階段が女厄坂になっています。

f:id:risingcorp:20170131183505j:plain

年祈祷を済ませ、「祈祷札」を受け取りました。

申込んだ翌日から引き続き本堂にて、名前を読み上げて祈祷を受けることができます。

このお札は、厄神明王様のご分身としてお迎えし、自宅のリビングに南向きでお祀りします。

f:id:risingcorp:20170131183506j:plain

「厄年」とは、厄災が降りかかりやすいとされる年齢(数え年)のこと。

「前厄」「本厄」「後厄」があります。

一般的に人生の中で災難や事故に遭遇しやすい年齢のことだそうです。

私は、無宗教で無神論者です。

若いころは、神頼みをメンタルの弱い者の行為とどこか馬鹿にしていました。

ただ、前厄に入ってすぐ父が急逝し、その後3年間は本当に苦しい時期が続きました。

その時から、門戸厄神に年祈祷に参るようになりました。

f:id:risingcorp:20170131183507j:plain

「努力すれば報われる」

「悪いことをすれば反ってくる(バチが当たる)」

最近は単純な気持ちですが、どこかに神様がいてるような気持ちです。

なので、無理な祈願をすることではなく、一年間の無病息災の御礼に参ります。

などと思いをはせながら、参道を下っていると・・・

苦戦が予想された販売物件に買付が入ったと不動産会社から連絡がありました。

やはり、神様はいますよね(笑)。

(営業開発課/延時=文) 

 

建売用地・戸建・マンション買取のご相談お待ちしています

■ ライジングコーポレーショングループ ■
ハウスソリューション事業部 営業開発課
〒550-0011 大阪市西区阿波座一丁目6番1号MID西本町ビル9階
TEL:06-4391-3331(直通) FAX:06-6534-5518
MAIL:fudosan@group-rising.co.jp