読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々是決戦!明日に向かって売るべし。

~ ライジングコーポレーション、太陽光ぢゃないほうのスタッフブログ ~

新築一戸建N様邸の地鎮祭

【住宅建築】 【住宅建築】-現場リポな話

本日は大安吉日なり。

ということで、N様邸(池田市鉢塚一丁目)の地鎮祭でした。

f:id:risingcorp:20170124163427j:plain

奉献酒もご用意。

当社ではお祝いごとなので、『 松竹梅 』を用意します。

f:id:risingcorp:20170127121831j:image

現地に到着すると、すでに準備が始まってました。

四隅に青竹で支柱を建て、締め縄を張ってあり、中央には祭壇が設けられていました。

ちなみに祭壇は南向きに設けられています。

f:id:risingcorp:20170127185657j:plain

「地鎮祭」とは、土木工事を行う際や建物を建てる際・・・

工事の無事や安全と建物や家の繁栄を祈る儀式のことを言います。

「じちんさい」と読むほか「とこしづめのまつり」と読むこともあります。

「鎮」の字にはしずめる、落ち着かせるといった意味があります。

工事の着工にあたり、神職をお招きして神様にお供え物をします。

そして祝詞をあげ、お祓いをして浄め、最初の鍬や鋤を入れ、工事の無事を祈ります。

f:id:risingcorp:20170127121836j:image

施主様をはじめ、工事に関係する人が参加します。

施工会社の株式会社炭谷建設から現場監督とコーディネーターも参加。

当社は、ハウスソリューション事業部の延時部長、建築設計室の性田室長、営業開発室の田中社員。

そして、写ってしまいましたが、深妙な面持ちの私も(笑)。

f:id:risingcorp:20170127121841j:image

施主様が神職から説明を受けて始まります。

f:id:risingcorp:20170127121847j:plain

神職がお祓いをし、祝詞をあげます。

緊張感漂う中、地鎮祭がおこなわれていきます。

私も玉串奉奠にて、神前に五串を捧げました。

f:id:risingcorp:20170127121913j:image

お神酒、米、塩、白紙敷地の中央と四隅に撒く「四方祓い」

設計者が鎌、施主様が鍬、施工者が鋤の順で盛砂を三度作業する仕草を行う「鍬入れ」

もとに戻るという意味で、お神酒で乾杯する「直会」

と儀式は執り行われます。

f:id:risingcorp:20170127121905j:image

お供えしていた塩、酒、米、お神酒を土地の四方の方角の土の上に撒きます。

鎮め物は、施工業者に預かってもらい、工事の際に地中に納めてもらいます。

f:id:risingcorp:20170127181601j:plain

無事に地鎮祭終了。

地鎮祭にはふたつの意味合いがあるそうです。

「土地に住む神様を祝い鎮め、土地を利用させてもらう許可を得ること」

「これからの工事の安全と家の繁栄を祈願すること」

地鎮祭を無事に行うことができましたので、いよいよ工事の着工となります。

f:id:risingcorp:20170127121909j:image

近頃は地鎮祭を行わない方もいます。

それは個人の自由です。

しかし、地鎮祭を含め今の住まいには奥ゆかしい様式美が、なくなってしまいました。

いつの頃からでしょうか、とても残念に思います。

私は、地鎮祭に参加する度にまた新たなエネルギーを感じて、パワーをもらいます。

そうやって、家づくりに取り組んでいます。

(建築設計室/上野=文) 

 

マンション・一戸建探しからリフォームのことまで

■ ライジングコーポレーショングループ ■
おうちランド 仲介営業課
〒563-0043 大阪府池田市神田二丁目6番25号
TEL:072-750-0077(直通) FAX:072-750-0068
MAIL:ouchi-land@group-rising.co.jp