読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々是決戦!明日に向かって売るべし。

~ ライジングコーポレーション、太陽光ぢゃないほうのスタッフブログ ~

UEFAチャンピオンズリーグ(トーナメント・プレビュー)

【スタッフ日記】 【スタッフ日記】-フットボールな話

UEFAチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦の組み合わせ抽選が昨日行われました。

日本人選手の所属クラブは3チームともグループステージを突破。

岡崎慎司のレスターは 清武弘嗣のセビージャといきなり激突。

香川真司のドルトムントはベンフィカと対戦することになりました。

f:id:risingcorp:20161223120546j:plain

我が愛するバルサ(バルセロナ)は、2位突破の中でも強豪のパリ・サンジェルマンと対戦。

1位突破の恩恵を受けることができないパリとミュンヘンには行きたくなかったというのが本音。

マスコミも「スペイン勢の中で最悪の組み合わせだ」とし、苦戦は必至との予想をしている。

しかもウナイ・エメリ監督率いるパリ・サンジェルマンとはもはやコント。

2012年から5シーズンで4度目の対戦、新鮮味が全くないのも残念な理由です。

f:id:risingcorp:20161223122534j:plain

一方のアトレティコは、レヴァークーゼンと。

アトレティコでないもうひとつのマドリードのクラブはちゃかりとナポリ。

レヴァークーゼン、ナポリには申し訳ないがお手軽な対戦といえます。

セビージャも含め、組み合わせを見る限り、スペイン勢に有利な組み合わせではないでしょうか。

逆にファイナルの地が国内のプレミア勢は、ラウンド16で全滅になる可能性が高い。

アーセナルとバイエルンの対戦も実はここ5年で3回目。

ともに非常に人気・実力の高い強豪同士の戦いではあるが、近年ではバイエルンに分がある。

ガナーズサポーターからすれば是が非でも雪辱を果たしたいところでしょう。

好調モナコにシティ(マンチェスター・シティ)が取りこぼすようなことがあると最悪の結果に。

f:id:risingcorp:20161223120547j:plain

今シーズンは、6年ぶりに日本人対決が実現するかもしれません。

レスターはクラブ史上初の決勝トーナメントでベスト8進出に挑む。

岡崎が出場する機会は訪れそうですが、なかなかチャンスをもらえていない清武は厳しいか。

移籍の噂が絶えないので、あるいは冬の移籍市場でそのころにはすでにチームを去っているかも。

両クラブにとっても公式戦における初対戦、日本人対決は観ることができるでしょうか。

f:id:risingcorp:20161223120548j:plain

ファーストレグは、来年2月の14日、15日、21日、22日。

セカンドレグは、3月の7日、8日、14日、15日に行われます。

決勝戦は6月3日、ウェールズ・カーディフのミレニアム・スタジアムで開催。

決勝は、バルサアトレティコのスペイン対決を予想。

割ってくるのは、ユベントスバイエルンのどちらかと見ます。

いずれにしてもここから、ファイナルに向けて本当の戦いがはじまりますね。

 

ちなみにグループステージ予想の答え合わせは、以下の通り。

< グループステージ予想 >

A組 △アーセナル(イングランド) △パリ・サンジェルマン(フランス) (予想は順位逆)

B組 △ナポリ(イタリア) ×ベンフィカ(ポルトガル) (予想はディナモ・キエフ)

C組 〇バルセロナ(スペイン) 〇マンチェスター・シティ(イングランド)

D組 〇アトレティコ・マドリード(スペイン) 〇バイエルン(ドイツ)

E組 〇モナコ(フランス) ×レヴァークーゼン(ドイツ) (予想はトッテナム)

F組 〇ドルトムント(ドイツ) 〇レアル・マドリード(スペイン)

G組 〇レスター(イングランド) 〇ポルト(ポルトガル)

H組 〇ユベントス(イタリア) 〇セビージャ(スペイン)

(営業開発課/延時=文) 

 

建売用地・戸建・マンション買取のご相談お待ちしています

■ ライジングコーポレーショングループ ■
ハウスソリューション事業部 営業開発課
〒550-0011 大阪市西区阿波座一丁目6番1号MID西本町ビル9階
TEL:06-4391-3331(直通) FAX:06-6534-5518
MAIL:fudosan@group-rising.co.jp