読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々是決戦!明日に向かって売るべし。

~ ライジングコーポレーション、太陽光ぢゃないほうのスタッフブログ ~

若葉屋 福島店(大阪市福島区)

先週の金曜日、社長から「今日、メシ行こうか?」とお誘いが。

仕事が終わってから、総務部の岩本副主任と三人で行くことに。

f:id:risingcorp:20161015005247j:plain

向かったのは、社長おすすめの焼肉屋『 若葉屋 』

店の場所は、JR福島駅から環状線の高架に沿って野田方面に向かうこと約3分くらいのところ。

店構えは、まさに「昭和」

f:id:risingcorp:20161015005248j:plain

店内は、4、5人掛けのテーブル席です。

さすがに週末なので、ほぼ満員状態。

周りは会社同僚、何かのサークル関係の集まり、カップルといった客層でしょうか。

それぞれのテーブルは盛り上がっていて、お店全体が居酒屋のように活気があります。

f:id:risingcorp:20161015005254j:plain

席に着くと、オーダーの前に店のスタッフに、

「臭いがつきますので、上着は袋に入れてください」と言われ、ナイロン袋を渡されます。

なので、バッグとジャケットをパッキングして煙対策完了。

f:id:risingcorp:20161015005245j:plain

そして飲み物のオーダーが通ると、次は炭が入ったかんてきがテーブルの上にドンと置かれます。

ちなみに「かんてき」とは、関西弁で七輪のこと。

f:id:risingcorp:20161015005246j:plain

まずは、『 タン 』

塩ダレについてくる味付きのネギがオススメ。

にんにくの入ったネギ塩です。

f:id:risingcorp:20161015005249j:plain

オーダーは、社長がしたので覚えていません(笑)。

『 ハラミ 』『 上ロース 』『 ホルモンの盛り合わせ 』だったでしょうか。

f:id:risingcorp:20161015005251j:plain

やはり焼き肉は炭火ですね。

店内、煙もっくもくで、こころゆくまで食べまくれるお店です。

こういうジャンクな雰囲気、実は大好きです。 

f:id:risingcorp:20161015005253j:plain

そして、脂の部位の多い肉を焼くと当然、かんてきから炎が出ます。

すると、スタッフがテーブルに備え付けの氷を網の上に。

「焼肉焼いても店焼くな!」といったところ。

f:id:risingcorp:20161015005252j:plain

もちろん、男三人なので、肉は追加、酒も追加。

食べて、焼いて、ひっくり返して、たまに氷乗せて・・・。

美味しい肉を堪能しました。

f:id:risingcorp:20161015005255j:plain

もちろん、仕事の話が中心です。

実は8月から、中古マンション買取再販の販売が1戸も売れていません。

不動産事業部は、会社から物件仕入資金を借りて事業を行っています。

なので、在庫が増えてくると資金回収が遅れ、会社に迷惑をかけることになります。

ましてや、次の物件をどんどん仕入れていくためには、資金の回転率も重要になっていきます。

きっと、社長はその状況を見て、叱咤激励の意味もありつつのお誘いだったと思います。

営業部署として、三ケ月坊主(契約なし)は、避けなければいけません。

(延時=文) 

 

若葉屋 福島店 (わかばや ふくしまてん)

 

建売用地・戸建・マンション買取のご相談お待ちしています

■ 株式会社ライジングコーポレーション 不動産事業部 ■
〒550-0011 大阪市西区阿波座一丁目6番1号MID西本町ビル9階
TEL:06-4391-3331 FAX:06-6534-5518
MAIL:fudosan@group-rising.co.jp