読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々是決戦!明日に向かって売るべし。

~ ライジングコーポレーション、太陽光ぢゃないほうのスタッフブログ ~

日本代表 vs. アラブ首長国連邦代表(マッチ・レビュー)

【スタッフ日記】 【スタッフ日記】-フットボールな話

いよいよ2018FIFAワールドカップ(ワールドカップ・ロシア大会)の最終予選が始まりました。

6大会連続となる本大会出場を目指す日本代表。

昨日は、ホームの埼玉スタジアムでUAE(アラブ首長国連邦)代表と対戦しました。

f:id:risingcorp:20160902014018j:plain

何度も語られているとおり、2015年1月に行われたAFCアジアカップ2015の時に負けています。

準々決勝で対戦してPK戦の末、敗れてアジアカップ連覇を逃しています。

このときは、MF柴崎岳がゴールを決めました。

ただ、順当にいけば、ホームで負ける相手ではありません。

f:id:risingcorp:20160902014015j:plain

日本代表は、4-2-3-1の布陣。

 

GK  西川周作(浦和レッズ)

DF  酒井宏樹(マルセイユ)

    吉田麻也(サウサンプトン)

    森重真人(FC東京)

    酒井高徳(ハンブルガーSV)

MF  長谷部誠(フランクフルト)

    大島僚太(川崎フロンターレ)

    本田圭佑(ミラン)

    香川真司(ドルトムント)

    清武弘嗣(セビージャ)

FW  岡崎慎司(レスター)

 

個人的には、左MFは清武弘嗣でなく、宇佐美貴史を使って欲しかった。

f:id:risingcorp:20160902014016j:plain

センターMFに負傷者が発生しているので、オリンピック代表だった大島僚太がフル代表デビュー。

ただ、大島の特徴は、サイドに散らすよりも真ん中を使おうとします。

これでは、真ん中にどんどん入りたがる本田圭佑香川真司の動きに拍車をかけます。

守りをを固めた相手に対して、中から中から崩そうとし続ける悪い癖のパターン。

それに比べて、ヤット(遠藤保仁)や柏木陽介は、意図的に左右へ散らることができる選手。

二人は、ヨーロッパ組の本田や香川ら相手でもひるまず、スペースへパスを出すことができます。

結果論ですが、柏木が抜けた穴は想像以上に大きかったですね。

また、PKを与えたファールの場面や、守備で寄せきれない弱さ、パスの弱さなど。

大島は残念ですが、明らかに試合に入りきれていませんでした。

明らかにヴァヒド・ハリルホジッチ監督のギャンブル失敗。

初戦なので安定感を買い山口蛍ではなかったか?

f:id:risingcorp:20160902014017j:plain

日本代表にはサイドで張って待ち、相手マーカーをよーいドンで千切る。

そういった動きのできるウインガーはいません。

相手のゾーンの間でボールを受け、中盤でFWとの縦のパス交換で崩す形がメイン。

ただそれでは、相手のディフェンス陣形が整ったところにクロスを上げても跳ね返されるだけです。

なので、相手のディフェンスに対して、横への揺さぶりが必要です。

そして、ゴール側へ向いた体勢にさせたところでクロスを上げなければいけません。

その意味では、清武、香川、本田と並べるのでは相手のディフェンスはやりやすくなります。

アジア相手では、両サイドに宇佐美や原口元気のような個人技で仕掛けることのできる選手が有効。

f:id:risingcorp:20160902172302j:plain

結果、1-2の痛恨の逆転負け。

不可解な判定が多かったのは事実ですが、負けを誤審のせいに騒いでも仕方ありません。

ヨーロッパや南米の選手は、ゴール前できっちりとゴールに蹴り込みます。

きちんと蹴らなかった浅野拓磨の未熟さが出ました。

厳しいスタートになりました。

前回のワールドカップ・ブラジル大会の最終予選の時は5勝1敗2分け。

前々回の南アフリカ大会の時は、4勝1敗3分け。

その前のドイツ大会の時も5勝1敗という成績でした。

なので、ひとつ負けることは想定内といえます。

選手も試合後コメントしていましたが、大事なのは負けを引きずらないこと。

次のタイ代表戦で勝利できると幾分かはショックが和らぎます。

4日後の試合となりますが、早く気持ちを切り替えて勝ち点3を掴んで欲しいですね。

(延時=文) 

 

2018FIFAワールドカップ最終予選

日本代表 1-2 アラブ首長国連邦代表

・11分 本田圭佑(日本代表)

・20分 アハメド・ハリル(アラブ首長国連邦代表)

・54分(P)アハメド・ハリル(アラブ首長国連邦代表)

 

建売用地・戸建・マンション買取のご相談お待ちしています

■ 株式会社ライジングコーポレーション 不動産事業部 ■
〒550-0011 大阪市西区阿波座一丁目6番1号MID西本町ビル9階
TEL:06-4391-3331 FAX:06-6534-5518
MAIL:fudosan@group-rising.co.jp