読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々是決戦!明日に向かって売るべし。

~ ライジングコーポレーション、太陽光ぢゃないほうのスタッフブログ ~

ガンバ大阪 vs. ヴィッセル神戸

【スタッフ日記】 【スタッフ日記】-フットボールな話

先週の土曜日、Jリーグのヴィッセル神戸戦を観戦してきました。

我が愛するガンバ大阪は、ここ直近は今シーズン初の3連勝。

試合内容も守備陣が安定し、本来のチーム状態に戻ってきたようです。

f:id:risingcorp:20160820215606j:image

19時キッフオフのナイトゲームとはいえ、やはり暑かった。

個人的に第8節のジュビロ磐田戦で得点を決めたアデミウソンに期待。

f:id:risingcorp:20160820215613j:image

今節からは、オリンピック代表選手も帰ってきます。

左は日本代表相手に見事なゴールを決めた藤春廣輝(笑)。

今日は、ガンバ・サポーターから一番の声援を受けていました。

彼はガンバにとって大事な選手。

こういう経験をして選手は成長するので、「選ばれたことを誇りに頑張れ!」とエール。

f:id:risingcorp:20160820215637j:image

今日の相手は、ヴィッセル神戸。

もちろん、隣県なので多くのサポーターが詰めかけてました。

よく、私がガンバ・サポーターだと知ってる人からは、

「 (兵庫県出身、神戸市在住なのに)なぜヴィッセルを応援しない?」

と聞かれます。

話せば長くなるのですが、Jリーグ発足時に後れを取ったことが理由ではありません。

クラブ発足時には応援しようと練習場まで足を運んだものです。

f:id:risingcorp:20160820215649j:image

元々、神戸の市民クラブと発足したヴィッセル神戸ですが、2003年末に経営破綻。

累積赤字約42億円を抱えて、民事再生法の手続き申請を行いました。

そして2004年2月、クラブは、クリムゾングループに譲渡されました。

これは、株式会社楽天社長の三木谷浩史氏が個人的に所有するクラブです。

神戸市民は、神戸出身の彼が潤沢な資金でチームを強化することに期待しました。

f:id:risingcorp:20160820215643j:image

ところが、クラブカラーである白と黒の縦縞を企業カラーのえんじ色へ変更。

そしてサッカークラブにとって命ともいえるエンブレムも変更。

クラブを存亡の危機から救ったという大義名分の下、彼はクラブを私物化しました。

Jリーグ56クラブの中でエンブレムにホームタウンの名前が入ってないのはここだけ。

いずれはどこかに移転するつもりなのでしょうか?

なので、我々敵チームサポーターは、「Vヴィッセル楽天」と皮肉を込めていいます。

こういうクラブのアイデンティティに共感できないところからでしょうか。

f:id:risingcorp:20160820215657j:image

対して紆余曲折はあったものの、親会社であるパナソニックがそうそう顔を出さず。

大阪府北部に根付いた我が愛するガンバ大阪。

f:id:risingcorp:20160820215703j:image

そしてなんといってもヤット(遠藤保仁)の存在。

彼がガンバにいる限り、応援は続けるでしょう。

いやもちろん、いなくなっても応援はします(笑)。

f:id:risingcorp:20160820215718j:image

いよいよキックオフ。

ガンバは、前節と同じメンバー。

2020年東京オリンピック世代のエース候補、堂安律が今日もベンチ入り。

f:id:risingcorp:20160821162811j:image

14分にいきなり失点。

しかも決められたのは、元ガンバのペドロ・ジュニオールに。

f:id:risingcorp:20160820215735j:image

後半、米倉恒貴に代わって藤春がピッチに。

すぐに持ち前のスペースへ素晴らしい上がりを見せてクロスを供給。

良いクロスであったが、阿部浩之がトラップミス。

ディフェンスラインからきっちりとボールを繋いでいくガンバ。

アデミウソンと阿部がポジションチェンジしながらスペースを作る。

対するヴィッセルのオフェンスはというとブラジル人トリオと渡邉千真だけ。

しかも4人ともスペースへ動くという創造性に欠け、足下にもらう動きばかり。

f:id:risingcorp:20160821010045j:image

極めつけは、とても微妙な判定でもらったラッキーなPKをアデミウソンが決めれず。

今日のガンバは、アタッキングサードに入る前でのミスが目立ちました。

後半途中からは、ヴィッセルも足が止まり始め、時間を稼ぐのみ。

f:id:risingcorp:20160820215746j:image

試合終了、4連勝はなりませんでした。

外国人だけでオフェンスが完結するようなチームに負けていては、上位進出はできません。

そして、今日のヴィッセル・サポーターの藤春へのブーイングは疑問でした。

ガンバ・サポーターのペドロ・ジュニオールへのそれと同じ意味ではありません。

彼のオウンゴールはオリンピック、ましてや日本を代表して戦ってきた中でのこと。

同じサッカーファミリーとしてとても残念な光景でした。

やはり、サポーターもこんな感じなので、ヴィッセルは応援できないですね(笑)。

(延時=文) 

 

Jリーグ セカンドステージ第9節 (26,520人)

ガンバ大阪 0-1 ヴィッセル神戸

・14分 ペドロ・ジュニオール(ヴィッセル神戸)

 

建売用地・戸建・マンション買取のご相談お待ちしています

■ 株式会社ライジングコーポレーション 不動産事業部 ■
〒550-0011 大阪市西区阿波座一丁目6番1号MID西本町ビル9階
TEL:06-4391-3331 FAX:06-6534-5518
MAIL:fudosan@group-rising.co.jp