読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々是決戦!明日に向かって売るべし。

~ ライジングコーポレーション、太陽光ぢゃないほうのスタッフブログ ~

イトーピア逆瀬川の現場確認①(解体工事編)

【リノベーション】 【リノベーション】-現場リポな話

今日は、イトーピア逆瀬川(宝塚市逆瀬川一丁目)の現場確認と打ち合わせをしました。

解体工事(内装材解体・撤去)がようやく終わり、工事監督と最終的な間取り、仕様の確認です。

リノベーションでは、一旦このスケルトン状態にすることがポイント。

 

f:id:risingcorp:20160802123229j:image

築30年以上経過したマンションですが、「現代のユーザー希望の形にあわせたい」

そのことを第一に考えたリノベーションなので、躯体以外の設備は概ね取り払いました。

こうすることで、内装・間取りを自由に造り変えることができます。

また、古くなった配管などを新品に取り替えることもできます。

f:id:risingcorp:20160802123244j:image

風呂部分の撤去もこのとおりです。

今回の工事では環境保護の観点から、極力壊さなくてよい部分は残しました。

この間に最新のユニットバスが入る予定です。

f:id:risingcorp:20160802123254j:image

キッチンです。

上下水配管、ガス配管、電気配線がむき出しになっています。

f:id:risingcorp:20160802123304j:image

玄関横にあったトイレは、移動します。

ここは、大型のシューズクロークを新設します。

f:id:risingcorp:20160802193625j:image

床上げがすでに終了していましたので、墨出しを行い現場で確認を行います。

墨出しとは、設計平面図を現場に落とし込む作業です。

図面の数字でしか確認できなかった広さや納まりを実際に確認しながら進めます。

f:id:risingcorp:20160802221324j:plain

思った以上に解体工事に時間がかかりました。

解体工事といっても、何でも一気に壊せばいいというわけではありません。

「なんという事でしょう!」

というセリフで有名なリフォームTV番組『 大改造!劇的ビフォーアフター 』

番組を観ていると派手に天井や壁を一気に壊したりしますね。

しかし、実際の現場ではそんなことはしません。

埃が舞って大変ですし、何よりも危険ですから。

f:id:risingcorp:20160802123315j:image

解体してみなければわからないところもあるのが、リノベーション。

ある程度、予測してましたが、この現場でも調整が必要な箇所がいくつかありました。

しかし、大勢には影響なく、ホッと一安心です。

後は完成まで無事に進むことを祈るだけです。

仕上がりが本当に楽しみですね。

(田中=文) 

 

建売用地・戸建・マンション買取のご相談お待ちしています

■ 株式会社ライジングコーポレーション 不動産事業部 ■
〒550-0011 大阪市西区阿波座一丁目6番1号MID西本町ビル9階
TEL:06-4391-3331 FAX:06-6534-5518
MAIL:fudosan@group-rising.co.jp