読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々是決戦!明日に向かって売るべし。

~ ライジングコーポレーション、太陽光ぢゃないほうのスタッフブログ ~

ガンバ大阪 vs. サンフレッチェ広島

【スタッフ日記】 【スタッフ日記】-フットボールな話

先週の土曜日、Jリーグのサンフレッチェ広島戦を観戦してきました。

ちょうど、メロディーハイム芦屋浜(芦屋市新浜町)のオープンハウス初日でした。

なので、そのまま芦屋市から吹田サッカースタジアムに来ました。

f:id:risingcorp:20160730215454j:image

キックオフの1時間前、18時頃にスタジアム到着。

まだ両チームの練習も始まっていません。

f:id:risingcorp:20160730215507j:image

少し腹ごしらえにとスタジアムグルメコンコース『 美味G 』を散策。

大阪名物『 たこ家道頓堀くくる 』のたこ焼きは相変わらず長蛇の列。

でも並んでいるのは、サンフレッチェ・サポーターばかり(笑)。

我らガンバ・サポーターは、たこは0点の意味なので試合前には食べません。

私は、いつも『 BISTRO OSAKA 』の黒からあげが、試合前のルーティン。

f:id:risingcorp:20160730215515j:image

しかし、今日はとても蒸し暑いので、違うところ、『 エースダイニング 』へ。

すると気が付けば、まさに四面楚歌?

サンフレッチェ・サポーターに囲まれてました(笑)。

f:id:risingcorp:20160730235438j:image

後で気づいたんですが、『 エースダイニング 』はアウェイサポータースタンド側。

ちなみにJリーグでは、世界基準に則ってホーム、アウェイ側とも完全分離。

無用なサポーター同士の争いを避けて安全な観戦ができます。

f:id:risingcorp:20160730215539j:image

こちらが、アウェイサポーター席。

今日は、広島から約3,000人のサポーターが来てました。

f:id:risingcorp:20160730215533j:image

こちらは、我らガンバ・サポーター。

相変わらず試合が始まると、ずっと揺れています(笑)。

f:id:risingcorp:20160730215927j:image

私がアウェイサポーター側まで行って欲しかった『 みかんのせかき氷 』

f:id:risingcorp:20160730215620j:image

いよいよキックオフ。

我が愛するガンバ大阪は、セカンドステージ連勝と好スタートを切ったのもつかの間。

前節の柏レイソル戦は、勝ち越しを許してしまい、結局3戦勝ちなしの状態。

チャンピオンシップ進出のためには、現実的にセカンドステージ優勝が求められます。

もうこれ以上の取りこぼしは避けなければいけません。

ましてや相手は、昨季のチャンピオンシップ決勝で涙をのんだ因縁のサンフレッチェ。

f:id:risingcorp:20160730215630j:image

ガンバのキャプテン、ヤット(遠藤保仁)。

宇佐美貴史がドイツへ移籍した後、トップ下へポジションチェンジしました。

センターMFと違って守備の負担が減り、好調を維持しているようです。

とはいっても、ヤットの負担がまだまだ重いのも事実。

宇佐美が移籍して2億円ほどの移籍金が入ったはずです。

なぜ、彼に代わる新戦力を獲得しなかったのでしょうか?

f:id:risingcorp:20160730215750j:image

アデミウソン藤本淳吾らを獲得した今シーズン初めの補強。

クラブによると宇佐美の移籍を織り込み済みで、補強は終わっているとのこと。

確かにアデミウソンは、ここまでチームトップの5ゴール上げています。

ただ、まだまだチームにフィットしているとは言い難い感じです。

藤本に至ってはケガでチームに貢献していません。

たしかに宇佐美の抜けた穴といっても、2列目の人材は豊富です。

阿部浩之大森晃太郎、そしてユース上がりで期待の堂安津

f:id:risingcorp:20160730215816j:image

っといってたら、阿部の右足でカーブを掛けたミドルシュートが決まりました。

今日のサンフレッチェは、展開力に優れた青山敏弘が先発ではありません。

彼が交代して出てきた後半からは、あきらかにガンバのディフェンス陣がバタつきました。

試合を観てもわかるように今のガンバに必要なのはCB。

丹羽大輝はディフェンスリーダーとして代えがきかない選手です。

両SBと中盤は整ってきたので、CBにレギュラークラスを補強しておくべきではないでしょうか?

f:id:risingcorp:20160730215822j:plain

ガンバはシーズンを通じて何かひとつでもタイトルを獲れば御の字という凡百のクラブとは違います。

ホームである吹田サッカースタジアムで開催される今年のFIFAクラブワールドカップ。

年末の大会出場権を手にするためには、Jリーグタイトルの奪還は不可欠です。

カップ戦では絶対的な強さを見せるガンバなので、チャンピオンシップ出場さえすればという願い。

そういった意味でも、セカンドステージの巻き返しにはCBの補強が不可欠な状況です。

試合は、集中力を保って猛攻をしのぎ切ったガンバが、何とか1-0で勝利しました。

(延時=文) 

 

Jリーグ セカンドステージ第6節 (32,444人)

ガンバ大阪 1-0 サンフレッチェ広島

・52分 阿部浩之(ガンバ大阪)

 

建売用地・戸建・マンション買取のご相談お待ちしています

■ 株式会社ライジングコーポレーション 不動産事業部 ■
〒550-0011 大阪市西区阿波座一丁目6番1号MID西本町ビル9階
TEL:06-4391-3331 FAX:06-6534-5518
MAIL:fudosan@group-rising.co.jp