日々是決戦!明日に向かって売るべし。

~ ライジングコーポレーション、太陽光ぢゃないほうのスタッフブログ ~

ガンバ大阪 vs. 浦和レッズ

昨夜、「ナショナルダービー」を観戦してきました。

波に乗れないまま、一向に順位が上がらない我が愛するガンバ大阪。

しかし、相手が浦和レッズとなれば順位は度返しして、必ず勝たなければいけません。

f:id:risingcorp:20160628143914j:image

仕事を終えてから、吹田サッカースタジアムに入りました。

ちょうどキックオフ直前に着席できました。

f:id:risingcorp:20160701203629j:image

もちろん、宇佐美貴史もスタメン。

彼はドイツ・ブンデスリーガへの移籍がほぼ決まっています。

最後の試合であろう次のホームでの試合は、仕事で来ることができません。

彼のプレイを生で観れるのは今日が最後。

f:id:risingcorp:20160701203607j:image

試合開始早々、いきなりアデミウソンが抜け出す。

左から走り込んだ宇佐美がパスを受け取って先制ゴール!

しかも、私の目の前で!

2試合連続ゴールです。

f:id:risingcorp:20160628143930j:image

ヤット(遠藤保仁)と宇佐美の2ショット。

彼がドイツに行くともうヤットと一緒にプレイすることはありません。

しっかりとこの二人の並んだ姿を目に焼き付けておきました。

f:id:risingcorp:20160702002614j:image

もちろん、彼はガンバにいずれ戻ってくるでしょう。

しかし、その時にはヤットは引退しています。

返せばそんなに早く帰ってくるということはチャレンジ失敗を意味します。

f:id:risingcorp:20160628143943j:image

彼は一度、失敗して戻ってきました。

その時はとても辛い思いをしたはずです。

その思いを持って再びチャレンジすることをガンバ・サポーターは皆、知っています。

必ずや世界に羽ばたいてくれるものとサポーターは信じています。

「宇佐美貴史、オー宇佐美貴史、オー宇佐美ゴール、宇佐美ゴール、宇佐美貴史、ゲットゴール!」

いつも喜びを称えるチャントが、この夜はどこか寂しさすら。

ゲームは、1-0でガンバの完勝でした。

(延時=文) 

 

Jリーグ ファーストステージ第10節 (29,397人)

ガンバ大阪 1-0 浦和レッズ

・08分 宇佐美貴史(ガンバ大阪)

 

建売用地・戸建・マンション買取のご相談お待ちしています

■ 株式会社ライジングコーポレーション 不動産事業部 ■
〒550-0011 大阪市西区阿波座一丁目6番1号MID西本町ビル9階
TEL:06-4391-3331 FAX:06-6534-5518
MAIL:fudosan@group-rising.co.jp